株式会社東京アバンデラド

株式会社東京アバンデラド

スポーツニュース番組制作のことなら東京アバンデラド

会社案内

会社案内

当社の成り立ち

私がNHKの野鳥の番組を手がける制作会社で働き出した年はオリンピックイヤーでした。

オリンピックの時は人手不足になるため色々な会社や部署からスポーツへ応援に行くということでした。

応援は通常2週間程度なのですが何回も更新され合計6か月にもなりました。

 

2年目。その実績を買われスポーツニュースの新番組スタッフに抜擢されました。

しかし会社として報道の仕事は受けられないということで報道系制作会社へ移籍しました。

 

この年、ニュースセンターは建物ごと新しく生まれ変わります。

そこではスイッチングはTDにかわりディレクター自ら行うと言うので訓練を受けました。

もともと映像技術者だった私が慣れるまで時間はかかりませんでした。

また当時のPDデスクが表記にこだわっていたことから、テロップの作画デザインやナンバリング、

発注をする時に誤字脱字や通信社のデータを使いチェックするようになりました。

この担当者は「送出ディレクター」と呼ばれ、そのグループは「野崎組」と呼ばれるようになりました。

 

そして数年後、所属していた報道系制作会社が倒産。従業員100人の会社倒産はあっけないものでした。

その2週間後、有限会社東京アバンデラドが産声をあげました。

(2004年10月有限会社から株式会社へ組織変更しました)

ディレクターを志す皆さんへ

不況といいますが本当でしょうか。話題の新製品が出れば徹夜で並んで買います。

でも売りたい商品は買ってもらえない。売る側と買う側の思惑が違うからでしょうか。

 

ディレクターの仕事も同じです。視聴者におもしろい番組を提供できれば売れっ子ディレクターになれます。

どんな番組を作りたいか想像したことのない人はディレクターにはなれません。

また想像力があっても会議で発言するか、企画書を書いたりしなければ伝わりません。

積極的に行動することは良いディレクターへの一歩となるでしょう。

ディレクターの中には放送系の専門学校や、マスコミ系の大学で学んでいる人も多くいます。

学校では授業料を払ってノウハウを教えてもらいます。しかし社会人になったら自分で勉強するしかないのです。

 

どうすればよいか…。

ひとつの方法は「他人の仕事を見て盗むこと」昔から放送業界で云われていることです。

もうひとつは良い先輩をつくることです。色々と教えてくれる先輩と後輩の関係をつくることです。

どんなディレクターになりたいかは自分次第です。

 

時代は常に変化しています。一人前になった後も新しいことにチャレンジして行かないと置いて行かれます。

どんな選択肢も有りだと思います。自分の人生ですから。

Image nozaki 野崎  代表取締役社長 野崎文男

概要

商 号株式会社 東京アバンデラド
所在地〒150-0047 東京都渋谷区神山町10番13号 プリベイルちば屋2階
電 話03-3466-1504
設 立1993年3月18日
資本金1,000万円
従業員数12名(正社員10名、パートタイムプロパー2名)
代表者野崎文男

アクセス

最寄り駅

渋谷駅(JR山手線・東横線・田園都市線・井の頭線・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線)から徒歩12分

代々木八幡駅(小田急線)から徒歩12分

代々木公園駅2番出口(東京メトロ千代田線)から徒歩12分

バ ス放送センター西口バス停から徒歩3分(KEIO・都営)

株式会社東京アバンデラド

アバンデラドはスペイン語で「旗手」の意味。転じて「先頭を行く人」の意味です。
私たちは番組づくりのリーダーを目指しています。